Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
online user
Pagerank/ページランク
おしゃれな伊達眼鏡 メガネフレームショップ曽我
そが眼鏡時計店

当店のホームページです。

おしゃれな伊達眼鏡 メガネフレームショップ曽我
新ブログに移転しました!
ソガ-ネットBLOG
vividmoon(ビビッドムーン)メガネフレームの通販がオープンしました。 http://vividmoon.soga-net.com
technorati
テクノラティお気に入りに追加する
Yahooブックマーク!
このブログをお気に入りに加えてください。
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク登録
Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
「ダニジェリア」〜アンゴラ代表アクワの話
NHKスペシャル「ドイツW杯 世界のスーパースター〜祖国のために旋風を〜」 を見ました。その中で一番印象に残ったのはアンゴラ代表のスーパースター、アクワの話。



「人生とか友情とか誇りとかそういった全てのものをW杯に持ってこうと思ってる。」



ワールドカップ最終予選、アンゴラはアウェイでワールドカップ出場をかけて戦っていた。0-0でのハーフタイム、監督は「おまえは神に選ばれた人間。絶対に決めろ。」と言った。終盤、右サイドに選手を投入。その選手からのクロスにアクワが得点。ワールドカップ初出場の切符をつかんだ・・・・・



アンゴラは長い間内戦が続き、みんな貧しかった。才能がありながらサッカーをあきらめなければならない選手たちがたくさんいた。アクワの親友ダニエルもその中の一人。アクワの4つ年上で17歳で戦争に行き大怪我をしてサッカーはあきらめなくてはならなかった。4年後停戦協定が結ばれアクワは兵役を免れ、プロのサッカー選手になった。アクワとダニエルは少年時代同じチームでダニエルの右クロスを何度も何度も決めていたそうだ。ダニエルが右サイドからクロスを上げる時の合言葉があった。「ダニジェリア」。当時憧れだったナイジェリアチームの鋭い右クロスとダニエルをかけて「ダニジェリア」。アクワの地元の友人たちは「あのゴールはダニジェリアだったね。」と後に語ったそうだ。



・・・・・ワールドカップ出場を決めたあと、アクワは「このゴールは私だけが決めたのではない。アンゴラの人たちすべての思いが決めたのだ。」と語った。ダニジェリアとは「人生とか友情とか誇りとかそういった全てのもの」なのだ。

私はワールドカップでダニジェリアからオーバーヘッドでゴールを決め、アンゴラの人々を勇気付けるアクワを見てみたい。





昨日のテレビの内容を思い出して書いたので細かなところ(発言内容とか)は正確ではありませんので、あしからず。

再放送予定6月6日(火)深夜24:00〜25:00



アンゴラ内戦と国際政治の力学
posted by: | サッカー | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://soga-net.jugem.jp/trackback/19
トラックバック